新潟県内(三条市・燕市・長岡市・新潟市等)の企業の皆様、ホームページ制作、Webコンサルティング、アクセス解析、SEO、キーワード広告等はお任せください。

0120-188-632 [営業時間] 9:00~18:00   [定休日} 土日祝

ブログ

  • thumbnail

    LINE公式アカウントで配信するメリット

    ブログ, 新着情報

    最近、企業や店舗を運営している方のみならず、個人でもLINE公式アカウントを運用したいと考えている方も増えてきています。
    LINE公式アカウントの開設を検討しているけど、そもそもどんなことができるのか把握していない…となっている人もいるかと思います。
    今回はLINE公式アカウントを活用するメリットについてご紹介していきます。
    まだLINE公式アカウントを活用していない方や、これから活用したいという方は、導入するかどうかを判断するために是非ご確認ください。

    LINE公式アカウントについて

    「LINE公式アカウント」は、日本国内で月間9,600万人(2023年12月末時点)が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」上で、友だち追加してくれたユーザーに直接情報を届けることができるサービスです。
    日本の人口の約70%、9,600万人という多くのユーザー数を誇るLINE上にアカウントを作成することで、販促や集客に関するさまざまな施策を実施することができます。

    LINEで配信するメリット

    LINEでさまざまな情報をお客様に向けて配信することには、次のようなメリットがあります。
    ・メルマガよりも開封されやすい
    ・LINEを利用しているユーザー数が多く、年齢層が幅広い
    ・友だち登録が簡単
    ・リアルタイムで情報を発信できる
    ・自動返信やステップ配信で自動化できる
    ・1対1でユーザーとチャットできる
    ・集客やマーケティングに最適

    LINEはアプリでメッセージを配信するため、メルマガ配信でよくある利用していないアドレスでの登録や迷惑メールへの振り分け、配信したメールの不達などがありません。
    ユーザー側からブロックされない限り、定期的にお知らせしたい情報をメッセージにして届けることができます。
    さらにLINE公式アカウントの配信は、メールよりも開封率が高いといわれています。
    メッセージの到達率はもちろん、配信内容の気付きやすさ、開封率、クリック率などメルマガで配信するよりも効果が高くなっています。
    したがって、従来のメルマガ配信よりも、LINE公式アカウントでの情報発信の方が効果的なマーケティングが行えることでしょう。

    また、LINE公式アカウントでは、一斉送信や自動応答メッセージ、ステップ配信などのさまざまな機能を利用することができます。
    これらを活用することでメッセージの対応を効率化・自動化することができます。

    LINE配信での注意点

    LINE公式アカウントは無料でメッセージを配信できますが、月200通以上配信するとなった場合は有料プランとなります。
    月5,000円で5,000通まで配信できるようになります。
    しかし、郵送や新聞、フリーペーパーなどを利用して新商品や季節の商品などを紹介している場合と比較しますと、最大5,000人に5,000円でタイムラグ無しに配信できるのはメリットと言えることでしょう。

    まとめ

    今回はLINE公式アカウントで配信するメリットや注意点について、ご紹介いたしました。
    LINE公式アカウントを開設し、運用していけば集客や業務効率化に役に立つことでしょう。
    当社でもLINEを使った販促サポートを行っております。
    LINE公式アカウント開設のご相談や運用についてのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • thumbnail

    第三者による期限切れドメインの悪用を防ぐには

    ブログ, 新着情報

    インターネットが年齢層を問わず幅広く利用されるようになった現代において、企業や自治体が広報のためにWebサイトを立ち上げる事例が多くあります。
    ここで問題になるのが、一時的に利用したドメインの期限切れによる、他者による悪用の被害です。

    企業におけるドメインの利用

    ドメインとは、インターネットにおいてWebサイトを提供しているコンピュータの住所を指し示す情報になります。
    新しいドメインを使いたい企業は、希望する名前で申請し、利用料を支払います。

    企業においては、一度企業名などのドメインを取得した後は、用途に応じて「サブドメイン」を利用するケースが多いです。例えば「○○○.com」というドメイン名を所持している企業であれば、「×××.○○○.com」や「△△△.○○○.com」の「×××」「△△△」の部分がサブドメインとなります。

    主となる独自ドメインを取得すれば、サブドメインは自由に作成することができるため、顧客向けのショッピングサイトや会員向けサイト、期間限定サイトではサブドメインでURLを分けることが一般的です。

    期限切れドメインが悪用される?

    ドメイン名は期限があり、通常は年単位で利用期間を更新します。

    利用しなくなれば、更新手続きを行わずに手放すことがあります。手放されたドメインは一定期間は利用停止状態になり、元の所有者が復元できます。
    他者はその期間中に同じドメインを取得することはできません。一定期間が経過すると、他の利用者がそのドメインを利用できるようになります。この制度を悪用した事例が報告されています。

    長野市にある地元企業の公式ウェブサイトのURLで、市とは無関係な内容が発信されていました。
    実施したキャンペーンの期間が終了し、手放したサイトのドメインを第三者が取得していたようです。
    公的なサイトは検索サービスからアクセスを得やすいため、全国の自治体で流用される事例が相次いでいます。

    ドメイン悪用を防ぐには

    企業においてドメインを利用するときに、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

    ドメインの利用期間を把握する

    ドメインには登録期限があり、1年単位で最大10年まで申請が可能です。
    期限が近づくと、更新手続きをすることで同じドメインを継続利用できます。しかし、更新を忘れると45日間の「自動更新猶予期間」後に他者が再登録できる状態になります。

    企業や組織のドメインの乗っ取りは、この更新手続きをしなかったことにより発生することがあります。登録期限内でも他者に移管できる場合があり、移管依頼を受けた場合、10日以内に返事がこなければ自動的に承諾されます。

    この仕組みを悪用して乗っ取りが起こることがあり、対策としては定期的な更新手続きや利用停止後のプロセスを事前に決めることが重要です。また、利用規約を確認し、移管手続きの流れを把握することで、乗っ取りを未然に防ぐことが可能です。

    サブドメインの活用

    企業が新商品やイベントに合わせてドメインを使用する際、新しくドメインを取得するのではなく、サブドメインを活用するのもよいでしょう。

    例えば、「新商品.example.jp」のような形です。これにより、不必要なドメインの取得や管理の手間が軽減されます。
    多くのドメインを持つと利用期間や類似ドメインの管理が複雑になり、企業とドメインの結びつきがわかりにくくなり、なりすましサイトのリスクも増えてしまいます。

    サブドメインは元のドメインの利用が許可されていれば、基本的に自由に追加できます。サブドメインを活用することで、企業は広報やサービス提供に役立てることができます。

    まとめ

    ブランドイメージの損害を避けるために、ドメインの管理プロセスを見直し、適切に運用していくことが大切です。

  • thumbnail

    企業ブログはどう書けばいいの?書き方のポイント教えます。

    ブログ, 新着情報

    多くの企業が自社のホームページを運営し、その中で一つの有力な情報発信手段として「ブログ」を活用しています。
    しかし、初めて自社ブログを書こうとすると、「どう書けばいいのか?」や「どんな内容にすればいいのか?」といった疑問が湧いてきますよね。今回は、自社ブログの書き方やネタの出し方について紹介します。

    企業ブログの基本的な書き方

    企業ブログを書く際の構成とポイントをまとめてみました。
    以下の基本的な構成を意識してまずは書いてみましょう。

    1. ブログタイトル
    ブログの肝となる部分。タイトルは簡潔で分かりやすく、読者の注意を引く工夫が必要です。
    例えば、「〇〇のやり方」、「○○の理由とは?」など

    2. アイキャッチ画像(トップ画像)
    視覚的な要素が読者を引き込みます。タイトルと連携し、記事の雰囲気を伝える適切な画像を選びましょう。

    3. 冒頭部分
    記事の核心を端的に伝え、読者の関心を引きます。冒頭で「なぜこの記事を読むべきなのか」を伝えることが重要です。

    4. 本文
    詳細な内容や情報を提供する部分です。段落に区切り、箇条書きや見出しを活用して読みやすく構成します。

    5. まとめ部分
    記事のまとめや結論を簡潔にまとめます。読者に記事を振り返らせ、印象に残るようなまとめ文を心がけましょう。

    初めてのブログでは、「結論→理由」の流れで書くとよいでしょう。まず、結論を明確にし、その後に詳細な理由や根拠を述べることで、読者はスムーズに理解しやすくなります。

    企業ブログネタの出し方について

    ブログを始める際、ネタが尽きるのではないかと心配になることもあるでしょう。
    しかし、ネタ探しは意外なビジネスチャンスに繋がることもあります。そんな方に向けて、ブログのネタ探しのヒントとなるアイデアをご紹介します。

    関連キーワードを検索してみる

    自社のサービスや事業に関連したブログを執筆する際には、Google検索や関連キーワード検索が役立ちます。
    具体的なキーワードを基にして検索数が多いものを見つけ、それに基づいてネタを出すことが重要です。
    例えば、「サプリメント 飲み合わせ」などのキーワードでの検索数が多ければ、サプリの飲み合わせに関する情報が求められていることが分かります。

    人に聞いてみる

    社内メンバーや取引先の方々に対して、日常的な世間話の中で、有益なブログネタを見つけることができます。
    「最近、お客様と話していて印象的だったことは?」や「弊社の商品について知りたいことはありますか?」などの質問を通じて、ネタのヒントが生まれることがあります。

    Q&Aサイトをチェックしてみる

    「Yahoo知恵袋」や「教えて!Goo」などの質問サイトを活用して、自社のサービスや商品に関連したキーワードを検索することで、顧客が抱える疑問や求めている情報を直接知ることができます。これをネタにしてブログを書くと、顧客にとって有益で価値のあるコンテンツを提供することができます。

    まとめ

    企業ブログは、いずれは会社発信のメディアとして大きな存在感を持つことになります。
    自社のファンを育成し、高いマーケティング効果を生み出す可能性があります。
    定期的に更新し、ぜひ自社ブログを価値のあるコンテンツにしていきましょう。

  • thumbnail

    業界外の人でも分かる!レスポンシブWebデザインとは

    ブログ, 新着情報

    Web制作会社のホームページで頻繁に出てくる言葉に「レスポンシブ」というものがあります。
    レスポンシブとは「レスポンシブWEBデザイン」の略語であり、PCやスマートフォンなどの画面サイズが異なるデバイスに、ホームページを柔軟に対応させる制作手法(構築手法)のことです。
    今回は、Webサイトを制作する上で必ずと言っていいほど出てくる「レスポンシブ」について改めてご紹介したいと思います。

    レスポンシブWebデザインとは

    Webサイトを制作する際、できればコストをかけてPCとスマホを別々のデザインで制作するのが、サイト利用者にとってとても見やすいサイトになります。ただこれではWebサイトの制作者にとって、Webサイト更新時のコストが2倍になり、運用を継続するのは難しくなりがちです。

    そういった場合に、レスポンシブの考え方が役立ちます。
    PCなのかスマホなのか、Webサイトを利用する機器によってディスプレイの大きさが変わるため、どんな画面サイズでもわかりやすい画面表示が必要です。このように効率的に「切り替え」をする考え方や具体時な手法を、レスポンシブWebデザインといいます。

    画面幅が、378px以下はスマートフォン、1,024px以上はPC、その間の379px〜1,023pxがタブレットといったように判断をし、WEBサイトをそれぞれで綺麗に表示できるよう制作するのがレスポンシブWEBデザインです。

    レスポンシブWebデザインのメリット

    レスポンシブWebデザインを実装する大きなメリットには、以下の3つがあります。

    ユーザーの利便性が向上する

    レスポンシブWebデザインは、ユーザーの利便性が大幅に向上します。
    例えば、パソコン版のページレイアウトにしか対応していない場合、スマートフォン版から該当のWebサイトにアクセスをすると文字が小さくて読めない、画像が大き過ぎて切れるなどの不具合が起こりやすいです。
    ユーザーは見にくいWebサイトを見ようとは思わないため、途中で離脱してしまったりそもそも閲覧するのをやめるようになったりする可能性があります。
    レスポンシブWebデザインを採用すれば、どのデバイスからWebサイトとアクセスをしても見やすく表示でき、ユーザーがストレスなく使える環境が構築できます。

    Googleに評価されやすい

    レスポンシブWebデザインは1つのURLにパソコン版やスマートフォン版、タブレット版をまとめられるため、重複コンテンツが無くなり、Googleのクロールや評価を下げてしまうなんてことが無くなりました。

    また、Googleはモバイルフレンドリーを推奨しています。
    Googleはスマートフォンが普及した現在において、どのようなデバイスからでも見やすくユーザーの利便性を確保できるWebサイトが重要だと考えています。
    今後はGoogleの評価の基準がスマートフォンサイトの内容となるため、レスポンシブWebデザインに対応していないとGoogleから正確な評価を受けられなくなる可能性があります。
    逆に言えば、きちんとレスポンシブWebデザインでWebサイトを構築し、スマートフォンで見た際にも見やすいデザインにすれば、Googleから正確に評価されるようになるため、SEO対策としても有効です。

    Webサイトの管理がしやすくなる

    レスポンシブWebデザインは、長期的なコンテンツの管理、運営がしやすいところもメリットの1つです。
    レスポンシブWebデザインはコンテンツの内容を記述するHTMLファイルが1つで済むため、コンテンツの追加や修正、更新を行う際には1つのファイルを修正するので、手間がかかりません。
    仮にパソコン版とスマートフォン版、モバイル版でURLを分けて運営していたとすると、それぞれにHTMLファイルが存在するので、3つ分のコンテンツの追加や更新、修正が必要となり、時間と手間がかかります。

    長期的にWebサイトの運営をするには、日々の業務を少しでも減らし負担感なく継続することが欠かせません。
    レスポンシブWebデザインを導入すると、コンテンツの管理がしやすくなります。

    レスポンシブWebデザインの種類

    レスポンシブWebデザインには、主に下記の4つの種類があります。

    レスポンシブレイアウト:画面の幅の数値に合わせてCSSの切り替えを行うレイアウト
    リキッドレイアウト:数値を指定せず、デバイスの画面幅に応じて柔軟にレイアウトを変更させる手法
    フレキシブルレイアウト:リキッドレイアウトにプラスし画面の最小幅と最大幅を指定できる手法
    グリッドレイアウト:画面の幅に合わせてボックス型のコンテンツを並べる手法

    まとめ

    レスポンシブWEBデザインは比較的近年に開発された構築手法であり、一昔前は各デバイスごとにホームページを制作していました。
    しかし、現在はレスポンシブWEBデザインという構築手法が登場したことで、まず一つのパターンを作り、それにプログラミングコードを書き加えることで他のデバイスにも対応させることができるようになりました。
    パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットが普及した現在は、レスポンシブWebデザインが欠かせません。
    ユーザーが使いやすく見やすいサイトを制作し、利便性を上げることでアクセス数アップにも繋がりますので、まだレスポンシブWebデザインにしていないサイトがありましたら、ぜひレスポンシブ対応を視野に入れてみてください。

  • thumbnail

    日本語対応を開始した対話型AI「Bard」について

    ブログ, 新着情報

    Bardは、Googleが開発した会話型のAIサービスです。
    Googleが開発してきた「LaMDA」と呼ばれる大規模言語モデル (LLM) をベースにつくられ、2022年にリリース、2024年2月現在は試験運用中として公開されています。
    Bardはリリース時点では英語のみで使用可能でしたが、2023年5月に日本語対応を開始し、話題になっています。
    BardもChatGPTと同様に、幅広い質問に対して、人間のようなテキストで回答できる対話型のサービスです。
    今回は、そんな対話型AI「Bard」についてご紹介したいと思います。

    Bardの特徴

    Bard の主な特徴は次のとおりです。

    大規模な言語モデル

    大量のテキストデータでトレーニングされているので、幅広いプロンプトや質問に応じて人間のようなテキストを生成できます。
    たとえば、文章の要約や何らかのトピックに沿ったストーリーを作成する、などといったことができます。

    広範囲な知識、オープンエンドな回答

    「日本の首都は?」というような簡単な質問だけでなく、「日本の首都が東京になった理由は何ですか?」というようなオープンエンドクエスチョンかつ高度な説明が必要な質問に答えることができます。

    創造的

    メール、手紙、楽曲、詩、コードなど、さまざまなクリエイティブなテキストコンテンツを生成できます。
    例えば、「日本の春をテーマにしたポエムをつくって」とお願いすれば、ゼロからポエムを生成してくれます。

    BardとChatGPTとの違い

    BardとChatGPTはどちらも会話型のAIサービスであり、テキストの生成、言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブコンテンツの作成、質問への回答を行うことができます。
    ただし、この2つにはいくつかの重要な違いがあります。

    サービス価格

    Bardは2024年2月現在試験運用中ですが、全ての機能を無料で利用できます。
    ChatGPTでは、無料版と月額20ドル支払うことで利用できる有料版があります。有料版では新しいLLM「GPT-4」が利用でき、より精度の向上したサービスを利用できます。

    回答内容・回答精度

    BardはGoogle検索の情報を取り込んでいると言われており、最新の情報に対応した精度の高い回答が得られることが多いです。
    一方、ChatGPTは、“会話”に重点を置いているため、会話の流れをより自然に維持し、ユーザーの質問に応じて、よりパーソナライズされた回答を提供できます。ただし、2021年9月までの情報を基に学習しているため、最新ではない情報に基づく回答になる場合があります。

    連携サービス

    OpenAIが開発したChatGPTは、Microsoftが出資していることもあり、Microsoftのサービスに組み込まれやすい傾向があります。
    一方で、BardはGoogleが運営しているため、Gmail やGoogleドキュメントと早くも連携されています。

    Bardの活用方法

    Bardの主な活用方法をBardに提案してもらいました。

    【質問への回答】
    ・単純な事実の質問や、複雑なオープンエンドの質問への回答
    ・質問に対する多角的な視点からの回答

    【テキスト処理】
    ・テキストの翻訳
    ・テキストの要約

    【クリエイティブなコンテンツ生成】
    ・詩、楽曲、ストーリーの作成
    ・コード、スクリプトの記述
    ・メールや手紙の作成

    【教育面でのコンテンツ生成】
    ・エッセイ、プレゼンテーション、レポートの作成
    ・テスト、クイズ、アンケートの作成

    【その他のコンテンツ生成】
    ・チャットボットの作成
    ・仮想アシスタントの作成

    まとめ

    今回はGoogleが開発するBardについて紹介しました。
    対話型AIサービスは、ChatGPT(Open AI社、Microsoftが出資)、GoogleBardの他にも、Amazonが参入しています。さらに対話型以外にも生成AIという点で、画像生成AIのStable Diffusion、動画生成AIのMake A Video(Meta社)など様々なAI・サービスが広がりを見せています。
    今後も様々なAIツールが登場してくると思いますので、引き続き気になるツールを見つけたらブログ、もしくはニュースレターなどでご紹介させていただきます。

  • thumbnail

    2024年2月:補助金・助成金最新情報

    ブログ, 新着情報

    補助金や助成金は、国や自治体が産業振興や雇用の推進、地域活性化などに貢献する事業に対して交付する資金のことを指します。
    潤沢な資金が用意しづらい場面が多い中小企業や個人事業において、有用な資金調達手段の一つです。
    新潟県燕市、三条市を中心に現在実施されている補助金・助成金の一部をご紹介します。

    小規模事業者持続化補助金

    小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス制度の導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。

    【補助対象者】
    ・小規模事業者であること
    ・資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)
    ・確定している(申告済みの)直近過去3年分の「各年」又は「各事業年度」の課税所得の年平均額が 15億円を超えていないこと 等

    【支援内容】
    上限額:[通常枠]50万円
        [賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠] 200万円
    補助率:3分の2以内(賃金引上げ枠のうち赤字事業者は4分の3)

    【実施機関】全国商工会連合会

    【詳しくはこちら】
    https://r3.jizokukahojokin.info/

    ものづくり補助金

    ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

    【補助対象者】
    以下のいずれかの要件を満たすものに限ります。
    ・中小企業者(組合関連以外)
    ・中小企業者(組合・法人関連)
    ・特定事業者の一部
    ・特定非営利活動法人
    ・社会福祉法人

    【支援内容】
    各申請枠によって変動

    【実施機関】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構

    【詳しくはこちら】
    https://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html

    まとめ

    新潟県燕市、三条市を中心に実施している補助金・助成金の一部をご紹介しました。自身の事業で該当する補助金・助成金などがあれば、積極的に申請を検討してみてください。
    ※申請期間が設けられているものもあります。自身が申請する段階で、まだ申請期間内であるかを確認するようにしてください。

  • thumbnail

    GDPRとは?日本での影響や概要について

    ブログ, 新着情報

    近年個人情報の取り扱いに関するニュースをよく見るようになってきました。
    日本でも個人情報保護法が改定されましたが、まだWeb上のデータに関しては大きく問題視はされておりません。
    一方海外では、数年前からWeb上の個人を特定する情報(IPアドレスやCookieなど)に関しても問題視され始めました。そのような流れを受け、GDPRという法律が施行されています。
    今回は、GDPRとは何か、またその影響などに関してご紹介していきたいと思います。

    GDPRとはなにか?

    欧州議会、欧州理事会および欧州委員会が策定した新しい個人情報保護の枠組みです。
    「EU一般データ保護規則」(GDPR:General Data Protection Regulation)が正式名称となります。
    企業による個人データの取得利用を規制する目的で、欧州会議で2016年に可決され、2年間の猶予期間をもって施行されました。

    GDPRにおける個人情報の処理について

    GDPRでは個人データは「識別された、または識別され得る自然人に関するすべての情報」と定義されています。
    下記が具体的な定義されている個人データです。
    ●氏名
    ●識別番号
    ●住所
    ●メールアドレス
    ●オンライン識別子(IPアドレス、クッキー)
    ●クレジットカード情報
    ●パスポート情報
    ●身体的、生理学的、遺伝子的、精神的、経済的、文化的、社会的固有性に関する要因

    GDPRの罰則について

    GDPRに従わなかった場合、最大で企業の全世界年間売上高の4%以下、もしくは2000万ユーロ以下のいずれか高い方が適用されます。
    現在(12月22日時点)1ユーロが156.47円ですから、円換算すると2000万ユーロは約31億円にもなってしまいます。
    最低でも31億円を支払わなければならないというのは、企業にとって非常に大きな損害です。

    GDPRの日本への影響は?

    従わなければ多額の罰金が課せられてしまうGDPRですが、実はEU諸国にのみ適応される訳ではありません。日本でもGDPRを遵守しなければならない場合があります。

    GDPRの対象企業

    対象となるのは以下の企業です。
    ・ EUに子会社や支店、営業所などを有している企業
    ・ 日本からEUに商品やサービスを提供している企業
    ・ EUから個人データの処理について委託を受けている企業

    EU圏内にいるユーザーのWeb上の行動データを取得している場合もGDPRの範囲に含まれています。また、以下の条件も対象となるのでご注意ください。
    ・短期出張や短期旅行でEEA内に所在する日本人の個人データを日本に移転する場合
    ・日本企業から EEA内に出向した従業員の情報(元は日本から EEA内に移転した情報)
    ・日本から EEA内に個人データを送付する場合(基準に沿って EEA内において処理されなければならない)
    ・日本から EEA内に個人データが送付され、EEA内で処理された個人データを日本へ移転する場合

    GDPRの対応方法

    現時点では日本向けの日本語対応のみの商品、サービスであれば特別な対応をする必要はないようです。
    しかし、上述したようにEU圏にいるユーザーが使用している可能性もありますので、もしCookieなどの情報を取得しているのであれば、EU圏内からのアクセスがないか、調べてみた方がいいかもしれません。

    また万が一多くのアクセスがある場合や、EU圏内のユーザーに向けた商品、サービスを展開している場合は上述したようにGDPRの個人情報の処理を遵守するようにしてください。

    まとめ

    GDPRは既に施行が始まっています。
    GDPR違反による制裁事例はまだ確認されていませんが、サイバー攻撃やセキュリティ不備による顧客情報流出事故はGDPR施行後も継続的に発生しており、当該事故がGDPRの制裁対象となっても不思議ではありません。
    施行が始まっている現在、制裁金をはじめとする各種リスクを極力抑え・回避するためには、できるところから着実にGDPR対応を進め、当局等に対してGDPR遵守を対外的に説明できる状態にすることが重要です。

  • thumbnail

    Amazonロッカーの設置場所が増えてきています

    ブログ, 新着情報


    引用元:https://www.amazon.co.jp/ulp

    皆さん、何かを購入したいと思った際にネットショッピングを利用しているかと思います。
    最近はなんでもインターネットで揃えることができる便利な時代。手軽に購入できるのでネットショップを利用している人も多いと思います。

    そんな便利なネットショッピングを利用する際に、わりと悩みになっているのが「荷物の受け取り」です。
    とくに仕事やプライベートの予定で受け取りがすぐできなかった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

    ネットショップとして有名な「Amazon(アマゾン)」では、そんな受取時のストレスを軽減してくれる「Amazon Hub ロッカー」というサービスがあります!

    そこで今回は、そんな便利なAmazon Hub ロッカーについてご紹介していきたいと思います。

    Amazon Hub ロッカーとは

    そもそもAmazon Hub ロッカーとは何かというと、Amazon専用の宅配ボックスのことです。
    コンビニや商業施設などに設けられたロッカーの中、またはカウンターに荷物を届けて保管してもらい、それを受け取る仕組みになっています。

    Amazonで商品を購入する際に、送り先をAmazon Hub ロッカーに指定しておくことで、指定したロッカーに商品が届きます。
    その指定したロッカーから、好きなタイミングで商品を受け取ることができるのです。

    自宅での受け取りが難しい人や、都合の良いタイミングで受け取りたい人にとってはとても便利なサービスです。

    Amazon Hub ロッカー5つのメリット

    自宅での受け取りができない場合に利用できる

    自宅で置き配ができない場合や、受取れる人がいない場合もロッカーを使用すれば解決できます。

    自分の好きなタイミングで受け取りができる

    Amazon Hub ロッカーは、主にドラッグストアやスーパーマーケットなどに設置されています。買い物のついでに寄れるので、自由な時間で受取ができるのがポイントです。

    配達員と会わずに受け取れる

    なるべく人と会いたくない人は、非対面で受け取れ、個人名や住所などを知られることもないので安心です。

    盗難の心配がない

    施錠式のロッカーなので、置き配での受け取りが心配な方にもおすすめです。

    家族や同居者に見られたくない商品を購入したい場合に便利

    知られたくない買い物はロッカーで受け取ることで、悩みは解消されます。サプライズプレゼントを購入したいときには良いかもしれません。

    Amazon Hub ロッカーのデメリット

    ロッカーを利用するうえで、荷物の大きさや利用制限など下記のデメリットがあります。
    利用前には、ぜひ確認しておくようにしてください。

    1.ロッカーに入らないほどの大きな商品は利用できない
    2.ロッカーの空きがない場合がある
    3.代金引換およびコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いは使えない
    4.ロッカーが併設している商業施設が休みの場合は利用できない
    5.預かり日は3日間のため、短いと感じる人もいる
    6.業者によっては配達に指定できない場合がある

    まとめ

    Amazon Hub ロッカーは、いろいろな働き方や暮らし方が増えてきた今の時代に合ったサービスの一つです。
    日々忙しい時間の中で、ストレスなく荷物の受取ができるこのロッカーは、とても便利で人の生活に寄り添った新しい取り組みだと思います。
    県央エリアでもツルハドラッグ燕三条店、燕小池店、三条東新保店や原信燕店など、Amazon Hub ロッカーの設置場所が続々と増えてきています。
    とても便利なサービスなので、機会があればぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

  • thumbnail

    AIライティングを活用したSEO対策

    ブログ, 新着情報

    AIライティングツールでコンテンツを作成することが注目されていますが、それがSEO対策に有効か不安を感じることもあるでしょう。
    Googleによれば、AIを使ってコンテンツを生成しても問題ないとされています。
    Googleはコンテンツの質を重要視して評価をおこなっています。そのため、AIを活用してもSEOの評価が低下することはありません。

    AIライティングを活用した既存ページのSEO強化方法

    AIライティングは、既存のウェブページのSEO向上にも役立ちます。新しい記事を書くだけでなく、過去の記事をリライトすることで、SEOの評価を向上させることができます。
    具体的な方法は以下になります。

    1.FAQの作成

    FAQ(よくある質問)を作成することで、既存ページのSEOを向上させることができます。
    FAQは簡潔な一問一答の形式で情報を提供するため、読者が求める情報を素早く提供できます。
    AIライティングでFAQを作成する際には、主要なキーワードを指定し、関連する質問をAIに生成させる方法がおすすめです。
    ただし、質問に対する回答は自分で作成することが大切です。

    2.商品説明文の作成

    商品説明文を作成することは、特に「〇〇 おすすめ」「〇〇 選び方」といったキーワードを含む記事では、読者の知りたい情報として高いSEO評価を受ける効果的な方法です。
    AIツールを使えば、商品説明文を簡単に生成できます。ただし、生成された文章は一般的な情報しか提供しないことがあるため、文章を魅力的に改善する作業が必要となります。

    3.箇条書き、表や図の作成

    SEO向上のために、長い記事に箇条書きや表、図を加えることがおすすめです。視覚的な要素は記事を読みやすくし、リピーター獲得に役立ちます。読者が満足する記事は、SEOでも高評価を受けやすいため、視覚的な要素を上手に活用してSEOを向上させましょう。
    箇条書きの項目を決める際には、AIに「この情報を伝えるためにはどの要素が必要ですか?」などと質問すると、いくつかの要素を提案してくれます。

    AIライティングのメリットとデメリット

    では、SEO対策でAIライティングを使うことでどんなメリットがあるでしょうか。

    短期間で記事が作成できる

    AIライティングの大きなメリットは、短時間で記事を作成できることです。
    特に時間が限られている場合などは有効です。
    AIを利用することで、ペルソナ設定、検索意図の洗い出し、記事の構成案の作成、タイトル・メタディスクリプションの作成、校正校閲などの作業を効率化できます。
    文章作成が得意でない人でも、高品質な記事を短時間で作成できるのがAIライティングのメリットです。

    新しいアイデアが発見できる

    記事の制作にかかる費用は、時間、人件費、ツールへの投資から成り立っています。AIを使用すれば、記事制作にかかる時間を大幅に短縮可能です。
    また、記事制作を外注しているような場合、AIに移行することで人件費を削減できます。
    さらに、AIツールは他の有料ツールの代替としても機能できます。

    コンテンツ制作の費用の削減

    AIライティングを活用することで、新しいアイデアが浮かぶかもしれません。
    AIが提供する情報は基本的なことを網羅していますが、新しい視点が生まれることがあります。
    また、AIが生成した文章を編集する過程で、新たな考えが浮かぶことも期待できます。
    独自性の高いアイデアを生み出すために、AIライティングを試してみてはいかがでしょうか。

    一方でデメリットも存在します。

    文章の修正と編集が必要

    AIで作成された文章は修正と編集が必要です。
    なぜなら、時には内容が正確でなく、文章が不自然になることがあります。そのまま使用すると、読者に不快な印象を与え、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。
    AIは便利ですが、生成後に情報の正確性を確認し、文章が読みやすいかどうかを確かめることが大切です。

    重複コンテンツが発生しやすい

    AIの文章では、同じ内容が何度も繰り返されることがあるため、重複コンテンツが発生しやすいこともデメリットの1つです。重複コンテンツSEOの面でも問題で、ペナルティを受ける可能性があります。
    AIライティングを使用する場合、重複を避けるために事前に計画をし、生成された文章を改善することが重要です。

    SEOで使える代表的なAIライティングツールのご紹介

    Chat GPT(無料)

    Chat GPTはOpen AI社の開発したチャットAIで、メッセージを送るとAIが応答します。
    Chat GPTを利用するには、メールアドレスを登録する必要があります。GoogleやMicrosoftのアカウントを持っている場合はそれらを使用することもできます。
    参考:https://chat.openai.com/

    Catchy(有料)

    参考:https://lp.ai-copywriter.jp/

    まとめ

    AIライティングを使用しても、十分なSEO対策が可能です。 Googleはコンテンツ生成方法に関して問題視しておらず、AIを使ってもペナルティを受ける心配はありません。
    ただし、AIで生成した文章をそのまま使わず、内容をチェックし、修正や編集が必要です。 AIを上手に活用して、SEO対策を進めましょう。

  • ニュースレター2024年1月号

    ブログ, もうちょい上, 新着情報