新潟県内(三条市・燕市・長岡市・新潟市等)の企業の皆様、ホームページ制作、Webコンサルティング、アクセス解析、SEO、キーワード広告等はお任せください。

0120-188-632 [営業時間] 9:00~18:00   [定休日} 土日祝

ブログ

  • thumbnail

    Instagram広告の種類やメリット

    ブログ, 新着情報

    世界で10億人以上の人が利用するInstagram。Instagramでは企業アカウントも数多く運用され、ブランドのプロモーションやショッピングの場としてもよく利用されています。
    これからInstagram広告を始めたいと考えている方に、今回はInstagram広告の種類やメリット、運用方法などについてご紹介していきたいと思います。

    Instagram広告とは

    Instagram広告は、FacebookやInstagramで有名なMeta社が提供している広告サービスです。
    週1回以上Instagramを利用するユーザーのうち約59%がInstagramで商品を発見し、検索した経験があるという調査結果もあり、Instagramでは商品・ブランドの認知拡大や販促として、企業のInstagram運用や広告は有効です。

    Instagram広告には4種の配信面があり、それぞれ表示方法や機能が違います。

    ストーリーズ広告

    ストーリーズ広告は、Instagramのストーリーズ枠に表示される広告で、画像、動画、またはカルーセル形式で最大15秒間表示されます。
    通常のストーリーズ投稿は24時間以内に消えてしまいますが、広告は消えません。投稿の合間に全画面で表示されるため、ユーザーの目に留まりやすいことが特徴です。

    フィード広告

    Instagramのフィード(タイムライン)上に流れる広告で、静止画もしくは動画とキャプション(テキスト)を利用できます。フィードはInstagramアプリを開いて最初に表示されるため、ユーザーの目に付きやすくなっています。
    一般の投稿と違い「広告」のラベルが表示され、CTAボタンなどを追加できます。また、自社アカウントをフォローしていないユーザーにも表示されます。

    発見タブ広告

    フィードに広告を掲載している場合、同じ広告を発見タブにも掲載することができます。
    発見タブは、アカウントや投稿を検索する他に、ユーザーがフォローや「いいね」した投稿をもとに、他に興味を持ちそうな写真や動画をInstagramが自動で表示します。主に新しい情報を見つけたいユーザーが利用し、Instagramアカウントの50%が毎月発見タブを使用していると言われています。既存のターゲットに加えて新しいユーザーへリーチを拡大させることに役立ちます。

    リール広告

    リールは短い動画を作成・投稿できる、TikTokに似た機能で、「いいね」やコメントをつけることができます。
    投稿の合間に広告が流れる点や、縦長の全画面に表示される点はストーリーズ広告と同じですが、リール広告はリールタブの他、発見タブ、フィード面にも配信され、最長90秒までの動画をアップロードできます。

    Instagram広告のメリット

    少額から手軽に始められる

    Instagram広告は少額の予算から始められます。
    1日の最低出稿金額は1ドル(米ドル)で、日本円にすると100〜150円程度です。
    広告の単価はオークション形式で決められますが、あらかじめ設定された予算に合わせて広告が配信されるので、上限を超えることはありません。初期費用や月額費用も無く好きなタイミングで始められます。

    詳細なターゲティングができる

    InstagramはFacebookと同じターゲティング機能を使用しています。そのため、Facebookのユーザー情報から得られる「年齢・性別」「エリア」「属性」と、Instagramユーザーの「興味・関心」や「行動」を組み合わせた、高精細なターゲティングが可能です。

    Instagram広告の運用方法

    上手に活用すれば費用対効果の高いInstagram広告ですが、配信するだけでよいというものではありません。
    運用のコツや気を付けたいポイントを3つ紹介します。

    広告の目的やターゲットを明確にする

    精度が高いInstagram広告のターゲティング機能を有効に活用するためにも、広告のターゲットを明確にすることが大切です。
    どんなユーザーに自社の商品・サービスを知って欲しいか、ペルソナをしっかり立ててから広告を出稿しましょう。
    ただし、広告を配信する対象を絞り込み過ぎてしまうと、思った効果が得られない場合があります。ターゲットを軸に柔軟な目標設定を心がけます。

    クリエイティブ(写真・動画)にこだわる

    Instagramは写真や動画のビジュアルをメインにした広告なので、広告のクリエイティブを魅力的に見せることが重要です。
    写真がイマイチではユーザーに目を留めてもらえません。ひと目で商品やサービスの魅力を伝えられるよう、クリエイティブの制作に力を入れましょう。

    テストを繰り返し、配信の精度を高める

    Instagram広告には「ABテスト」の機能があります。
    クリエイティブやオーディエンス、配置などを複数パターンテストし、どの戦略が最も効果的かテストを繰り返すことで、効果的な戦略が見えてきます。また、Instagram広告のターゲティング機能には機械学習が組み込まれています。配信開始から時間の経過とともに、どのオーディエンスが自社の商品にリーチしやすいか、といった情報が蓄積され、より効果的な広告配信がなされるようになります。

    まとめ

    今回はInstagram広告の種類やメリット、運用方法についてご紹介しました。
    Instagramでは近年、次々と新しい機能が追加され、活用方法の幅もひろがっています。
    少ない費用で手軽に広告を始めることができるInstagram広告。この機会にぜひ活用してみませんか?
    興味がありましたらお気軽にアイサポートまでお問い合わせください。

  • thumbnail

    採用に使える?性格診断と適職について

    ブログ, 新着情報

    突然ですが、最近話題の「MBTI診断(16パーソナリティ)」をご存知ですか?
    簡単な心理テストのようなもので自分の性格タイプを知ることができるため、企業の面接時でも採用されています。
    そこで今回は、MBTI診断や各16タイプの解説、各タイプの適職などについて、ご紹介していきたいと思います。

    MBTI診断とは

    MBTI診断(16パーソナリティ)は、マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI/物事の見方や意思決定方法など自己理解を深めるためのフレームワーク)を利用した診断です。
    MBTIはアメリカで古い歴史を持つ性格診断テストですが、2022年頃からK-POPアイドルたちの間で話題になったことで、今日本でも注目されています。

    また最近では、新卒採用の際に、日本版のMBTI診断を適性検査として使っている企業が増えてきています。外資系・大手企業を中心に活用されているため、今後ますます広がると予想されます。

    MBTI診断のやり方

    16Personalities性格診断テスト」のサイトへアクセスし、「テストを受ける」から質問に回答していくだけで診断できます。
    受ける時は、12分以内に回答する、各設問はできるだけ「中立」の回答は避ける、正直かつ直感で選ぶ、ということを気にして受けてください。
    回答時に見栄を張ったり、適当に答えたりすると、正しい診断結果が得られないケースがありますので、注意してください。

    MBTI診断の各タイプについて

    MBTI診断では以下の4つのパターンの組み合わせで、16パターンのうちどのパーソナリティか診断されます。

    ・外界との関わり方(外向的/E or 内向的/I)
    他者との関わり方によって、内向型(I)または外向型(E)のどちらかになります。あなたは人付き合いが良いタイプですか、それとも1人の時間をたっぷりとって充電するタイプですか。

    ・物事の捉え方(現実重視/S or 想像重視/N)
    情報を収集し処理する方法によって、感覚型(S)または直観型(N)のどちらかになります。あなたは説得力のある系統だった決断を下しますか、それとも直観に従うタイプですか。

    ・意思決定の仕方(論理重視/T or 感情重視/F)
    意思決定の方法によって、思考型(T)または感情型(F)のどちらかになります。論理で動くタイプはT、感情に従うことが多いタイプはFです。

    ・物事の進め方(秩序/J or 自由/P)
    慎重に考え抜いた決断によって動く判断型(J)か、状況に適応して気の向くままに動く知覚型(P)のどちらであるかによって、どのように周りの世界から影響を受けているかが分かります。

    診断されたパーソナリティは以下の4つのグループに分かることができます。

    分析家グループ:分析的で論理的な思考を好む
    「建築家型(INTJ)」「論理学者型(INTP)」「指揮官型(ENTJ)」「討論者型(ENTP)」

    外交グループ:人間関係や調和が大事
    「提唱者型(INFJ)」「仲介者型(INFP)」「主人公型(ENFJ)」「広報運動家型(ENFP)」

    番人グループ:組織やルールを重視
    「管理者型(ISTJ)」「擁護者型(ISFJ)」「幹部型(ESTJ)」「領事官型(ESFJ)」

    探検家グループ:新しい経験を追求
    「巨匠型(ISTP)」「冒険家型(ISFP)」「起業家型(ESTP)」「エンターテイナー型(ESFP)」

    各性格タイプの詳細は
    16Personalities性格診断テストの「性格タイプ」ページをご覧になってみてください。

    MBTI診断の各タイプの適職

    MBTI診断でわかる16パーソナリティの各タイプの適職について、一部簡単にご紹介いたします。

    建築家型(INTJ)

    建築家型(INTJ)は、完璧主義者が多く、研究熱心な人です。
    知識を吸収したり活用することにやりがいを見出すタイプで、自信にあふれ、周囲を改善していきたいと考えています。
    建築家型は自信がある一方で、人数の多いグループや親しくない人の集まりは苦手な場合もあります。また、雑談よりも、アイデアや事実を議論することを好みます。
    <建築家型(INTJ)におすすめの職業>
    ・建築士
    ・事業戦略担当者
    ・捜査官
    ・微生物学者
    ・統計学者

    管理者型(ISTJ)

    管理者型(ISTJ)は、物静かな冷静沈着タイプです。
    管理者型は、実用的で責任感があり、論理的な意思決定に基づいて行動し、順序立てて手際よく作業を完了します。
    また、きちんと整頓された空間を好む傾向があります。管理者型は、伝統や忠誠心、秩序を尊重します。
    <管理者型(ISTJ)におすすめの職業>
    ・アクチュアリー(保険数理士)
    ・土木技師
    ・学芸員
    ・歯科医
    ・弁護士

    擁護者型(ISFJ)

    擁護者型(ISFJ)は、献身的で思いやりに溢れた、根っからの世話好きタイプです。
    社会的慣習を重視する堅実な擁護者型は、確立した体制に基づいて行動し、秩序のある環境を好みます。
    高い職業倫理を持ち、人に奉仕したり献身的に取り組みます。また、仕事をやり遂げるまで満足できない良心的で几帳面なタイプです。
    <擁護者型(ISFJ)におすすめの職業>
    ・経理担当者
    ・法人営業担当者
    ・行政職員
    ・顧客サービス担当者
    ・リサーチアナリスト

    Indeedのキャリアガイドページに、他のタイプの適職について詳しく載っていますので、気になる方はぜひ見てみてください。

    まとめ

    企業が性格診断テストを実施する理由として、自社との相性や募集対象の職種との相性を把握するためといった理由があります。
    企業にとっては、採用候補者の性格が自社の全体的な雰囲気と合うかどうか、候補者が特定の仕事に対する適性を持っているかどうかを性格診断テストで事前に判断し、採用活動に役立てているようです。
    採用活動に取り入れる前に、ぜひ実際に性格診断テストを受けてはいかがでしょうか?

  • thumbnail

    MEO対策とは?

    ブログ, 新着情報

    MEO対策とは、Googleマップに登録された自社店舗の検索順位を上げるための方法です。
    これは、実店舗を持つビジネスに特に有効な集客手段で、Googleマップ上での表示順位を上げることで、
    店舗への注目を集めることができます。
    MEO対策を行うことで、ウェブ上での検索画面で店名や情報が上位表示され、宣伝効果が期待できます。

    例えば、スマートフォンで近くのラーメン屋を検索すると、画面上には地図と一緒に近隣のラーメン店が表示されます。
    そして、その上位には評価や写真がついた複数の店舗情報が掲載されています。これがMEO対策の効果です。
    近くにある実際の店舗が目立つように表示され、ユーザーは自然にその情報にアクセスしやすくなります。
    地域ごとの検索で、競合店舗よりも自社店舗が注目されることで、効果的な集客が実現可能となります。

    MEO対策を行うと下記のようなメリットがあります。

    MEO対策のメリット

    ユーザーの目に留まりやすい表示

    Googleマップの上位に店舗情報が表示されるため、ユーザーの注目を引きやすくなります。
    地図上で目立つことで、集客につながる可能性が高まります。

    広告費が抑えられる

    MEO対策は、Googleビジネスプロフィールへの情報登録を基本としており、この登録は無料で行えます。
    高額な広告費をかけずに広報効果を期待できるため、個人や小規模ビジネスにもアプローチしやすいです。

    地域ターゲットへのアプローチ

    地域プラス業種などの検索で上位表示されるため、地域限定の顧客にアプローチしやすくなります。
    特定のエリアを重視するビジネスには有益です。

    一方でMEO対策では、利用するツール独自のデメリットの影響を受ける場合もあります。

    MEO対策のデメリット

    風評被害のリスク

    Googleビジネスプロフィールにはユーザーの口コミやレビューも表示されるため、虚偽の評価や悪意のあるコメントによる風評被害のリスクがあります。

    実店舗のないビジネスには不向き

    MEO対策は主に実店舗を持つビジネスに適しており、インターネット上のみで展開するビジネスには効果が限定されます。
    実店舗へ足を運んでもらうための施策になります。
    ただし、実店舗がない場合でもGoogleビジネスプロフィールに登録することは可能です。登録すべき住所がないと地図上にピンは表示されませんが、登録情報は表示されます。

    まとめ

    MEO対策は、実店舗を持つビジネスにおいて地域的な集客を強化するための方法ですが、風評被害や信頼性の問題を考慮する必要があります。メリットとデメリットをバランスよく把握し、適切な対策を行うことが重要です。
    アイサポートではMEO対策についてのご相談、お悩みなど受け付けております。お気軽にフォームよりお問い合わせください。
     

  • ニュースレター2023年11月号

    ブログ, もうちょい上, 新着情報

  • thumbnail

    メルマガの開封率アップ!魅力的な件名のつけ方

    ブログ, 新着情報

    企業などが顧客や会員に対して一斉配信するメールマガジン。
    しかし、何百、何千というメールアドレスに送っているのにいまいち問い合わせが来ないと悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。
    もちろん、メルマガの内容などにもよりますが、多くのメルマガはそもそも内容を読まれていないのが現状です。メールは開いて読んでもらえなければ、その効果を発揮できません。
    メルマガを開いてもらえるかどうかは、メルマガの「件名」にかかっています。
    今回は、メルマガを開いてもらえる魅力的な「件名」のつけ方についてご紹介していきたいと思います。

    メルマガの開封率を上げるためには?

    メールマガジンをどれくらい開いてもらえたかの率を「開封率」と言います。
    まずは、メールの「件名」を含めて、開封率にはどのような要因が影響しているのかについてご説明します。

    件名

    まず、メルマガの反響に大きく影響を与えているのが件名です。
    多くの人はメールが来たときに、まず件名を見て自分に必要なメールか否かを瞬時に判断します。
    このときに興味が無いと判断されればそのメールは読まれることはありません。メールに興味を持ってもらうためにも、件名はとても重要なのです。

    送るタイミング

    その次に重要なのが送るタイミングです。
    例えば、深夜の誰もが寝ている時間帯にメールを送っても、ユーザーが寝ているのですぐには見てもらえません。
    また、朝、メールに気づいても他のメールも溜まっているはずなので、必要のないメールならば読まずに捨てられてしまいます。
    開封率を上げるためには、読んでもらいやすい時間帯を狙う必要があります。
    ターゲットによってメールを読んでもらいやすい時間帯が異なるので、開封率を上げるために送る時間帯を模索しましょう。
    ツールによっては、開封のタイミングを個々に記憶し、そのタイミングに合わせて送信するツールも出てきています。

    差出人名

    差出人名が開封率に大きく影響する場合もあります。
    一般的にBtoBのメールマーケティングの場合、個人名でメールを出した方が開封率は高いと言われています。
    メールの差出人がサービス名やサイト名だと営業だと思われて避けられてしまいますが、個人名で送っていると、何か仕事のメールかもしれないと思われて一応開封してもらえるからです。

    開封率をあげる件名のつけ方

    開封率を上げるためには送るタイミングや差出人の名前など色々な要素がありますが、一番重要なのは件名です。
    送られたタイミングが悪くても、ショップ名で来たメールでもユーザーにとって魅力的な内容であれば開封してもらえます。
    ここではどのような業界、業種でも普遍的に通用するメルマガの開封率を上げるポイントをご紹介します。

    重要なことは先に書く

    まず、件名をつける上で重要なことは、重要なことは先に書くということです。
    普段、自分に送信されてくるメールを見ていただければわかりますが、メールの件名が長すぎるとメールソフトの画面では後半が省略されてしまいます。
    また、ユーザーは前半の15文字位で自分にとって必要なメールか否かを判断しています。
    つまり、件名が15文字より多いと、件名が省略されている、ユーザーが見てくれない可能性があります。
    重要なことは一目でわかるようにはじめの15文字分位までに書くことが必要です。

    ユーザーにとってのメリットを提示する

    上で説明した「重要なこと」とはすなわち相手が「メールを開くメリット」です。
    例えば、
     ・このお知らせを受け取った人は人気商品を半額で買える
     ・無料のセミナーに参加できる
    など、ユーザーがメールを開くメリットを提案する必要があります。

    件名を目立たせる

    また、件名にメリハリをつけるのも重要です。
    メールを開いてもらうためには、メールの一覧の中で目立つ必要があります。文字だけが羅列されているメールは一覧の中で目立つことはありません。
    メールを目立たせるためには【】で重要な部分を括る、★や▼などで件名を装飾した方が良いでしょう。

    件名を考える際のポイント

    役に立つことを伝える

    まず、件名をつける際に重要なのが、このメルマガがどのような役に立つのかということです。これは具体的に示す必要があります。

    例えば、
     ・【半額セール開催中】
     ・★クーポン配布中★
     ・≪今なら資料ダウンロード無料≫
    などのようにメールやメール内で紹介している商品がどのようにユーザーの役に立つのかを示す必要があります。

    役に立つことを考える際の方針としては
     ・無料でなにか提供できるのか
     ・ユーザーに対してノーリスクでリターンが得られるような提案が無いか
     ・何か割引で提供できるのか
    という観点から考えてみると良いでしょう。

    すぐ開くべきことを伝える

    一般的にメールが開封される確率は送った直後がピークで、その後は時間が経過するにつれて開封率は下がっていきます。
    せっかく役に立つことがアピールできてユーザーが興味を持っても、後で読めば良いと思われてしまったら元も子もありません。
    いつか読もうと思われたまま、結局いつまでも読んでもらえないということになりかねません。
    すぐにメールを読んでもらうために、
     ・〇〇限定!SALE開催中
     ・先着○○名様限定!
     ・もうすぐ終了!
    などのように、オファー内容に関して期限を区切ると、すぐに読んでみようと感じてもらえます。

    また、上の2つの次に重要なのが、特別感を出す手法です。
    例えばメールのタイトルに名前を入れて
     ・○○様にこっそり紹介!
     ・○○の方限定!
     ・ゴールド会員様限定
    のように、特別な人にしか送っていないメールということを示すと、開封率は上がる傾向にあります。

    まとめ

    今回はメルマガの件名のつけ方についてご紹介いたしました。
    メルマガで問い合わせを発生させるために最も重要なことはメルマガの開封率をあげることです。
    メルマガにおいて一番難しいのは読んでもらうことなので、とりあえず開封してくれるユーザーを増やすだけで問い合わせ数は改善します。
    メールの件名を工夫することによって、メールの開封率が上がる可能性があります。メルマガをやっても反応がない、向いていないと諦める前に色々と工夫してみましょう。

  • thumbnail

    2023年11月:補助金・助成金最新情報

    ブログ, 新着情報

    補助金や助成金は、国や自治体が産業振興や雇用の推進、地域活性化などに貢献する事業に対して交付する資金のことを指します。
    潤沢な資金が用意しづらい場面が多い中小企業や個人事業において、有用な資金調達手段の一つです。
    新潟県燕市、三条市を中心に現在実施されている補助金・助成金の一部をご紹介します。

    働き方改革推進支援助成金

    働き方改革推進支援助成金とは、中小企業が職場環境の改善や有給休暇取得を促進させるといった働き方改革に取り組む際、その環境整備に必要な費用の一部を助成する助成金制度です。
    最大の目的は「生産性の向上」であり、そこにつながる取り組みに対して、かかった費用の一部が助成されます。

    【5つのコース】
    ・労働時間短縮・年休促進支援コース
    労働時間短縮・年休促進支援コースは、生産性向上や時間外労働の削減、年次有給休暇・特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業を支援するものです。
    ・勤務間インターバル導入コース
    勤務間インターバル導入コースは、従業員の生活時間や睡眠時間を確保して、健康保持や過重労働の防止を図る中小企業を支援するコースです。
    ・労働時間適正管理推進コース
    生産性を向上させ、労務・労働時間の適正管理の推進に取り組む中小企業を支援するのが労働時間適正管理推進コースです。
    ・適用猶予業種等対応コース
    適用猶予業種等対応コースは、建設業、運送業、病院等、砂糖製造業などが対象です。
    ・団体推進コース
    団体推進コースは事業者に対する助成金ではなく、さまざまな事業者が所属する団体(商工会議所や商工会など)を対象としたコースです。

    【実施機関】厚生労働省

    【詳しくはこちら】
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html#h2_free3

    業務改善助成金

    業務改善助成金は、生産性向上に資する設備投資等(機械設備、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)を行うとともに、事業場内最低賃金を一定額(各コースに定める金額)以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成するものです。

    【助成対象者】
    ・中小企業・小規模事業者であること
    ・事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が50円以内であること
    ・解雇、賃金引き下げなどの不交付事由がないこと

    【支援内容】

    引き上げる最低賃金額及び引き上げる労働者の人数によって助成上限額が変わります。
    【実施機関】厚生労働省

    【詳しくはこちら】
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

    まとめ

    新潟県燕市、三条市を中心に実施している補助金・助成金の一部をご紹介しました。自身の事業で該当する補助金・助成金などがあれば、積極的に申請を検討してみてください。
    ※申請期間が設けられているものもあります。自身が申請する段階で、まだ申請期間内であるかを確認するようにしてください。

  • thumbnail

    フォームのスパム対策について

    ブログ, 新着情報

    氏名やメールアドレス、メッセージなどを入力して送信ボタンを押すだけで、管理者にメールが送れる便利な仕組みであるメールフォーム。
    メールフォームは、Webブラウザのみで使えるため来訪者の利便性が高く、管理者としてもメッセージを確実に確認できるので、訪問者の意見や質問の収集のためによく使われます。
    しかし、管理者への確実な連絡手段である点を悪用し、サイトの内容に関係のないメッセージを一方的に送りつけるスパム、迷惑メールが送られてくることがあります。
    今回はメールフォームのスパム対策について、ご紹介していきたいと思います。

    スパムメールとは

    スパムメールは、受信者の希望や都合などを無視して、一方的に送られてくるメールのことです。同じような内容のメールが、繰り返し、何度も繰り返し送られてくるケースが多くなっています。
    そうしたスパムメールが大量に届くと、仕事に必要なメールが埋もれてしまい、見過ごしてしまう恐れがあります。

    最近では、標的型メール攻撃が問題になっています。
    無差別に送られる単純なスパムメールとは異なり、過去にメールをやりとりした人物の名前、メールアドレス、メールの内容などを偽装して不正なファイルを送りつけたり、不正なリンクへの誘導を狙ったりするメールです。
    仕事に関するメールだと思って添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしたりすると、ウイルスに感染してしまいますので注意しましょう。

    お問い合わせフォームにスパム対策が必要な理由

    スパムは単に大量に送られてきて迷惑である、というだけではありません。スパムを受信することによって、ウイルス感染や情報漏えいにつながり、企業の信頼が低下する恐れがあります。

    ウイルス感染

    スパム対策が必要な理由の一つ目は、ウイルス感染の危険性がある点です。添付ファイルを開いたり、記載されているURLをクリックしたりすることでウイルスに感染してしまう恐れがあります。

    情報漏えい

    スパム対策が必要な理由の2つ目として挙げられるのが「情報漏えい」です。
    スパムメッセージ中のURLをクリックしたりすることでウイルスに感染し、社内機密情報や顧客情報を盗み出される恐れがあります。
    盗まれた情報がスパム送信者によって悪用されると、大きな損害になりかねません。
    スパムと思われるメッセージが届いても決してURLなどをクリックせず、クリックしてしまった場合はネットワークから切断するなどの対処を行うようにしましょう。

    企業の信頼性低下

    一度ウイルスに感染すると、企業は被害状況の確認やシステムの修復などにコストをかけなければなりません。
    それだけでも大きな損害ですが、情報漏えいによって顧客情報が流出したことが判明すれば、ステークホルダーからの信頼性は大きく下がってしまうでしょう。
    企業にとって、社会からのイメージは最も重要です。信頼を失うことがないように、スパム対策は確実に行っておきましょう。

    スパムメール対策

    スパムメールが届いたときの基本的な対策は、開かずに削除することです。
    スパムの大半は、特定のWebサイトへの誘導やウイルス感染を目的としています。
    有料サイトや詐欺サイトであれば、こちらからアクションを起こさない限り問題は起きませんが、ウイルスを仕込んでくる可能性もあります。
    そのため、スパムが届いた場合は「開かずに削除」を徹底しましょう。

    しかし、自動プログラムによって大量にスパムを送信してくるケースに対処するためには、自動的に受信しないように対策を施す必要があります。
    大量に届くスパムに対しては、機械的に処理していかなければ対応しきれません。ここでは簡単にでき、ユーザーにとっても影響の少ない方法を挙げていきます。

    フォームの入力項目に必須項目をつける

    フォーム内に必須の入力項目をつけることで、ロボットでの対応を困難にすることも有効な手段です。
    名前やメールアドレスなど、基本的な項目を必須として本来のユーザーへの負担も増やさないように配慮しましょう。

    IPが特定できる場合はアクセス制限をかける

    スパムが大量に届いた際にIPアドレスを特定できた場合は、サーバー内に設置した「.htaccess」ファイルでアクセス制限をかけましょう。
    また、外国語のスパムが大量に届いている場合は、日本語以外のコメントを制限するよう設定するのもひとつの手です。

    CAPTCHA認証を設置する

    「CAPTCHA(キャプチャ)」とは、「Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart」の略で、コンピューターと人間を区別するために完全自動化されたテストのことです。
    ロボットでは判別しにくいように加工された文字や数字の入力を求めたり、画像認識を求めたりします。
    多くのサイトで利用されており、ユーザーにも広く浸透しているため、サイト設置者にとってもユーザーにとってもそれほど手間がなく導入することが可能です。

    メールアドレスを工夫して掲載する

    メールアドレスの掲載を工夫する方法もスパム対策として効果的です。
    スパムbotはホームページのHTMLデータを読み込んだ上でメールアドレスを取得するため、アドレスを画像にしたり、アドレスの一部を記号にして暗号化したりするなどでスパム対策になります。
    お問い合わせフォームなどにメールアドレスを記載する場合はスパム対策も考えた上で、掲載しましょう。

    まとめ

    Webフォームを作成する目的は、顧客データを収集し運用するためにあります。
    スパム対策をしておくことで、管理者の負担が軽減されるだけではなく、企業の信頼性を持続し、向上することにつながります。
    フォームを作成する上で必要とする機能を確保しつつ、セキュリティが担保されているかもしっかりとチェックするようにしましょう。

  • thumbnail

    AIライティングツールのご紹介

    ブログ, 新着情報

    AI技術を使ったブログ記事の自動生成に役立つAIライティングツールをご紹介します。
    AIライティングツールは新しい記事作成だけでなく、既存の文章の改善や要約、プレスリリース記事の生成、見出しの提案、そしてSEO対策もサポートしてくれます。

    Chat GPT

    Chat GPTとは、OpenAIが開発したAIライティングツールで、チャット感覚で文章作成やコンテンツ生成ができるツールです。

    Chat GPTのおすすめのポイント
    1)チャット感覚で手軽に高品質な文章を作成可能
    2)無料で利用可能
    3)リライト・翻訳・調べ物などにも活用できる

    Chat GPTは指示文章の書き方を学べば、記事作成、SNS投稿、シナリオの生成、料金調査など、さまざまな用途で活用できます。
    ただし、指示文章の書き方にコツと知識が必要となるため、中級者向けのツールとなります。

    Chat GPTを利用するには、メールアドレスを登録する必要があります。GoogleやMicrosoftのアカウントを持っている場合はそれらを使用することもできます。
    参考:https://openai.com/gpt-4

    SAKUBUN

    SAKUBUNは、NOBEL株式会社が提供するAIライティングツールで、使いやすさと豊富な機能が魅力です。

    SAKUBUNのおすすめのポイント
    1)AIエディター機能を使って編集が簡単
    2)詳細なペルソナ設定が可能
    3)チーム機能でプロジェクトを共有可能

    SAKUBUNの特徴は、非常に優れた使いやすさです。
    AIエディター機能を活用することで、画面遷移なしにテンプレートを利用することができます。
    さらに、ペルソナの詳細な設定ができ、年齢や性別、居住地や趣味など細かな設定が可能でプロジェクトごとに保存・利用ができます。また、SAKUBUNではチーム機能を備えており、プロジェクトを共有することも可能です。
    参考:https://sakubun.ai/

    Catchy

    Catchyは、Chat GPTを搭載したAIアシスタントツールで、ブログ記事作成やその他さまざまなコンテンツ生成に役立つツールです。

    ブログの記事作成だけでなく、100種類ものツールが利用でき、キャッチコピー・YouTubeの企画提案・ハッシュタグの生成などユニークなAI技術が備わっています。

    Catchyのおすすめのポイント
    1)ブログ記事作成以外にも100種類の自動生成ツールが利用可能
    2)タイトル、見出し、段落など全ての文章を自動生成
    3)使いやすくシンプルなユーザーインターフェース

    ライターを雇うよりも費用と時間を大幅に節約でき、記事の品質も向上できるためおすすめです。
    参考:https://lp.ai-copywriter.jp/

    まとめ

    AIライティングツールを使うと、ブログ記事作成が簡単になります。
    各ツールには異なる特徴がありますが、高品質なコンテンツ自動生成が可能です。
    AIライティングツールを使えば、文章作成の時間とコストを大幅に削減することができ、効果的なSEO対策や魅力的な記事作成に役立ちます。

  • thumbnail

    どのSNS広告を選べば良いの?SNS広告の特徴

    ブログ, 新着情報

    そもそもSNS広告にはどのような種類があるでしょうか。
    SNS広告はFacebook、X(旧Twitter)、Instagram、LINE、TikTokなどのSNSに掲載される広告のことをさします。

    SNS運用には、通常のアカウント投稿と広告運用の2つの主要なアプローチがあります。
    どちらも投稿をユーザーのタイムラインに表示させるという共通点がありますが、広告運用と通常の運用には明確な違いがあります。

    通常のSNS運用では、たとえばFacebookの場合、自社のFacebookページをフォローしているユーザーや「いいね」をしたユーザーに投稿が表示されます。そして、ユーザーが投稿を見ることで、その情報が自然に拡散される傾向があります。
    一方、SNS広告運用では、ユーザーの属性、居住地、趣味嗜好などを考慮して、特定のターゲットユーザーに広告を表示することができます。この場合、必ずしもユーザーに「いいね」をしてもらったり、「フォロー」される必要はありません。

    SNS広告を利用することで、自社の投稿をターゲットユーザーに効果的に表示させることができます。
    フォロワーを増やしたり、投稿を拡散させることを目的としなくても、ターゲットユーザーにアプローチすることが可能になります。

    では、どのSNS広告を選べば良いのでしょうか?
    それぞれのSNS広告にどのような特徴や強みがあるのかよくわからないという方も多いようです。
    代表的なSNS広告の特徴と向いている商材について紹介します。

    Facebook広告

    Facebook広告の特徴は、詳細なターゲティングが可能です。16億人以上のSNSユーザーのプロフィール情報を活用し、性別、年齢、居住地、趣味、結婚状況、職業などを設定できます。広告はFacebookの他にメッセンジャー、Instagram、提携アプリ、Webサイトにも配信でき、リーチが広がります。

    広告形式は画像、動画、ストーリーズ、カルーセル、スライドショーなど多彩で、目的に合わせて選択可能です。
    広告費用は自由に設定可能で、インプレッション課金やクリック課金が一般的です。

    Facebookに向いている商材
    ・信頼性が求められる商材やサービス(士業や病院、学習塾など)
    ・BtoB向け商材

    Instagram広告

    Instagram広告は、Facebook広告とほぼ同じ方法で出稿できます。InstagramはFacebookの子会社で、同じ広告マネージャーからキャンペーンを設計できます。画像を使ったタイムライン広告は視覚的な訴求ができ、商品やサービスの魅力を伝えやすい特徴があります。

    Instagram広告にはストーリーズ広告、写真広告、動画広告、カルーセル広告などがあり、ビジュアルを重視した広告キャンペーンを展開できます。また、コレクション広告や発見タブ広告を使用してターゲットユーザーにアプローチすることもできます。

    Instagram広告に向いている商材
    ・ファッション
    ・化粧品
    ・インテリア

    X(旧Twitter)広告

    X(旧Twitter)広告は、特定のキーワードをツイートしたユーザーやフォロワーのタイムラインに広告を表示できます。
    匿名性の高いオープンなSNSなので、趣味やトレンドに合わせた広告が適しています。
    拡散力が強みで、潜在的な層へのアプローチに有効です。
    また、20以上の広告オプションがあり、ツイート内容を魅力的に表現できます。

    X(旧Twitter)広告に向いている商材
    ・季節ものや流行のグッズなどトレンド性の高いもの
    ・食料品や日用品のようなユーザーにとって身近な商品
    ・ゲームアプリのインストール

    LINE広告

    LINEは国内最大級のSNSプラットフォームで、約8600万人のユーザーを擁し、10〜60代まで幅広い利用者がいます。LINEはSNS利用者の約81.3%に利用され、毎日アクティブなユーザーが86%と非常に活発なプラットフォームです。

    特に注目すべきは、LINEのユーザーの中でLINEのみを利用しているユーザーが4割近くいることで、他のSNSではアクセスできないユーザーにもアプローチできます。

    LINEは膨大なユーザーデータを持っており、高度なターゲティングが可能です。LINE公式アカウントを通じて、関心の高いユーザーを獲得できるのも魅力的です。少額からの広告出稿が可能で、費用はクリック課金とインプレッション課金が一般的ですが、LINE公式アカウントの友達追加にも課金が発生します。

    LINE広告に向いている商材
    ・比較的安価で購入ハードルの低いもの
    ・広くニーズがあるもの

    TikTok広告

    TikTokは急速に拡大し、国内では約1000万人、海外では約5億人のユーザーがいます。若い世代を中心に人気で、ショートムービーを投稿できます。若い世代に向けて広告を出稿したい際におすすめです。

    TikTok広告は高度なターゲティングが可能で、言語、年齢、性別以外にも基本情報、通信環境、興味関心などで広告を最適化できます。効果測定ツールも提供されており、PDCAサイクルを通じて広告効果を改善できます。

    広告の種類は起動画面、#チャレンジ広告、インフィード広告などがあり、課金方法も複数選択できます。 TikTokを活用して若い層にアプローチしましょう。

    TikTok広告に向いている商材
    ・若い世代向けのファッションや雑貨
    ・音楽、漫画などのエンタメ
    ・レジャー施設

    まとめ

    SNS広告はリアルタイムで運用することが重要ですが、各SNSプラットフォームとユーザーの違いを理解し、ターゲットを選ぶことが鍵です。
    広告費の制限がある場合、潜在層の認知拡大か顕在層の購買獲得か、目的を明確に考えましょう。
    適切なタイミングで運用するのが理想ですが、目的に応じて戦略を練ることが大切です。

  • thumbnail

    企業がLINEを使うメリットとは

    ブログ, 新着情報

    日本の人口約70%である約9,400万人が利用しているコミュニケーションアプリ「LINE」。
    「LINE公式アカウント」は、企業向けサービスの1つであり、生活者と企業が直接接点をもつことができるコミュニケーションアプリです。
    利用企業が増えている現在、「なぜLINEを活用すべきなのか」「活用することで企業のメリットはあるのか」など、疑問をお持ちの方も多いと思います。
    今回は「LINE公式アカウント」はどんなものなのか、使うメリットは?といったことについてご紹介していきたいと思います。

    LINE公式アカウントとは

    LINE公式アカウントは「LINE」のトーク画面から、店舗や企業のアカウントの友だちになったユーザーに対して、メッセージを届けることができる企業向けサービスです。
    「圧倒的なリーチ力」と、コミュニケーションアプリの特徴を活かした「One to Oneコミュニケーション」により、効率良くユーザーとの深いつながりを実現することが可能です。

    LINE公式アカウントでは、「メッセージ配信」や「クーポン」、「ショップカード」などといったさまざまな機能を利用することができます。無料プランでも有料プランでもすべての機能を利用することが可能です。

    企業が使うメリット

    顧客との信頼関係を築きやすい

    今までオフラインでの企業と顧客の関係は、企業が一方的に情報を発信することが主流でしたが、最近ではユーザーに合わせたパーソナルなメッセージを配信しなければ、企業価値や効果を上げることが難しくなってきています。
    そんな中、LINE公式アカウントでは、家族や友人に連絡する感覚で、企業へ気軽にチャットのコミュニケーションをとることができます。
    このように、密接なコミュニケーションをしたりすることで信頼関係を構築しやすいのは最大のメリットです。

    生活習慣の中に入りやすい

    LINEは友人や家族など利用者同士のコミュニケーションツールや生活に必要な機能を提供することで、様々なシーンで日々利用されています。
    しかもユーザーのうち、男女ともすべての年代で6割以上が毎日LINEを利用しています。
    この日常生活に溶け込んでいるプラットフォームの中で、友人や家族とコミュニケーションを取るのと同様に、企業からのメッセージをスムーズに受け取ることができます。
    LINEを活用することで、顧客とフランクなつながりをもち、より近い距離で情報を届けることを可能にします。

    友だちひとりひとりに合わせたコミュニケーションが可能

    顧客のニーズが多様化している現在、同じメッセージを顧客全員に伝えることよりも顧客ひとりひとりに合わせたマーケティングが必要とされています。
    LINEは顧客のデータを活用することで、友だちひとりひとりに合わせた情報発信やコミュニケーションをとることが可能です。
    顧客との接点が非常に多く、LINE公式アカウントやミニアプリを通して顧客のデータを取得することができることも特徴のひとつです。
    LINE公式アカウントで発信したメッセージは、メッセージに対するクリックデータや、アンケートの回答データ、流入経路などの計測ができ、これらをユーザーIDに紐づけて取得/管理することも可能です。

    まとめ

    今回はLINE公式アカウントを使うメリットについてご紹介しました。
    少しでも利用してみたい!と思われた方は、すぐに無料でアカウントを開設できますので、試しに使い始めてみるのもいいかもしれません。
    アイサポートではLINE公式アカウントの開設のお手伝いもしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。