新潟県内(三条市・燕市・長岡市・新潟市等)の企業の皆様、ホームページ制作、Webコンサルティング、アクセス解析、SEO、キーワード広告等はお任せください。

0120-188-632 [営業時間] 9:00~18:00   [定休日} 土日祝

ブログ

  • thumbnail

    Googleアナリティクスの使い方

    ブログ, 新着情報

    Webサイトで効果がなかなか得られない方は、自社のWebサイトをしっかり分析できているでしょうか。
    サイト分析ができていなければ、改善策も見いだせず最適化していくことができません。
    ここでは、Webサイトの分析に必要なGoogleアナリティクスについてご紹介していきます。

    Googleアナリティクスでできること

    Googleアナリティクスでできることは、どのようなことかまずは見ていきましょう。

    Webサイトの分析

    Googleアナリティクスは、Webサイトの分析をすることができます。
    では、どのような分析ができるかというと、「どんなユーザーがきているのか」「ユーザーはどこでサイトを離れているのか」「ユーザーはどんなデバイスで閲覧しているのか」といったものです。

    顧客の見える化

    ユーザーの行動などが見えることで、顧客の見える化ができます。
    顧客の見える化ができると、顧客に対して何をするべきかが見えてくるため、自社のビジネスの最適化をすることができます。

    改善すべきこと

    ユーザーの行動や課題、自社のすべきことが見えることで、改善策を打ち立てられます。
    改善策を打ち立てるために、アナログのマーケティング活動では行き当たりばったりの策が多いですが、デジタルマーケティングでは全て定量分析できるため、数値で把握でき、改善策も数値で行なうことができるため、成功に繋がりやすいと言えるでしょう。

    これだけは最低限覚えておくべきこと

    Googleアナリティクスにはさまざまな機能があり、全ての機能を使いこなすというのは難しいでしょう。
    まずは、「これだけはやっておくべき」という部分をご紹介しておきます。

    行動

    Googleアナリティクスの機能の一つに「行動」というものがあります。
    行動は、ユーザーの行動がどのような推移をしているかを閲覧できるもので、ユーザーがどのような行動をとっているか、どこで離脱しているか、コンバージョンに繋がっているコンテンツは何かを理解することができます。
    コンバージョンに繋がっているコンテンツが理解出来れば、売り上げアップに繋がりやすい戦略を打ち立てられるでしょう。

    ユーザー

    ユーザーという部分では、ユーザーがどのようなブラウザから訪れているか、使っているデバイスはどのようなものか、どの地域からきているかなどを把握することができ、ユーザー数やセッション数など、大切な数値を把握することができます。

    まとめ

    ここまで、Googleアナリティクスについてご紹介してきました。
    Googleアナリティクスを上手に活用するには、さまざまな知識が必要となり、多くの機能を利用できた方がWebサイトで結果を出すことに繋がるでしょう。
    今回は、最低限見ておいた方が良い部分をご紹介しました。

  • thumbnail

    SEO

    ブログ, 新着情報

    ホームページを持つ企業であれば、必ずと言ってよいほど意識するのは「SEO」でしょう。
    SEO対策についてよく理解していなくても、何となく聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。
    ここでは、SEO対策についてご紹介していきます。

    SEOとは

    そもそも、SEOとはなんでしょうか。
    SEOとはサーチエンジンオプティマイゼーション、つまり検索エンジンの最適化です。
    検索エンジンの最適化とは、Googleなどの検索エンジンでの結果で自社のサイトを上位表示にさせることを言います。

    SEO対策をするメリット

    SEO対策をするメリットはどこにあるのでしょうか。

    認知を高めることができる

    SEO対策のメリットの一つに、認知を高めることができるという点があります。
    SEO対策をすることで、検索エンジン上で上位に表示されるため、検索したユーザーに対して認知してもらえる機会が増えます。

    売り上げを向上できる

    最大のポイントは、売り上げが向上するということです。
    どのようなサイトでも、最終的には企業の売上に繋げることが目的になっていると思いますが、集客が成功することも、資料請求などにつながることも、全て売り上げにつながり、検索エンジン上で上位表示されることでそのような機会が増え、結果的に売り上げアップに繋がるということになります。

    SEO対策のカギはキーワード

    SEO対策のカギは、キーワード選定にあります。

    フェーズを意識したキーワード選定

    キーワード選定をするとき、ただ「このキーワードが良いのではないか」と決めるのではなく、それぞれのユーザーがどのようなキーワードを、どのようなフェーズで検索しているかを理解することが必要です。
    フェーズとは、「認知」フェーズなのか「検討フェーズ」なのかです。
    認知フェーズのユーザーは認知を高めたところでコンバージョンに繋がらない可能性がありますが、検討フェーズのユーザーは、既に検討段階にあるので、コンバージョンに繋がりやすくなります。

    狙うべきキーワードを見定める

    キーワードボリュームや、先ほどのフェーズの件もそうですが、狙うべきキーワードをしっかり見定めるべきです。
    検討フェーズのキーワードの中でもボリュームが多く、競合が少ないものが一番良いですが、そのようなキーワードではなくても、それぞれどのようなユーザーに検索してほしいのかをキーワードを考えながら意識することが必要です。

    まとめ

    SEO対策についてご紹介してきましたが、SEO対策はどのようなWebサイトでも実施すべき対策と言えるでしょう。
    SEO対策のポイントはキーワードであり、フェーズを意識したキーワード選定が必要です。

  • ニュースレター2020年11月号

    ブログ, もうちょい上, 新着情報

  • thumbnail

    問合せフォームが必要な理由

    ブログ

    ホームページに問合せフォームが無い方は、問合せフォームを設置することをおすすめします。
    その理由はなぜなのか、ここでは、問合せフォームが必要な理由をご紹介していきます。

    問合せフォームが必要な理由

    問合せフォームが必要な理由を2つに絞ってご紹介します。

    ホームページの目的は「集客」

    まずはホームページを開設する大きな目的には集客があります。
    勿論その先には売上や利益がありますが、まずは見込み客の獲得をすることが必要となるため、集客の窓口である問合せフォームは必要です。

    コンバージョンに繋げやすくする

    問合せフォームを別のサイトのものを利用したり、リンクさせたりすると、ユーザーは不信感を持ったり、利便性の面から必要事項の入力をせずにコンバージョンに繋がらなくなることがあります。
    問合せフォームを埋め込むことで、そのようなことは回避できるでしょう。

    問合せフォームはなぜ重要?

    問合せフォームが重要な理由を見ていきましょう。

    ユーザーの利便性

    ユーザーの利便性が向上するという点があります。
    問合せフォームが埋め込まれていると、問合せしやすくなり、ユーザーにとって「使いやすい」ホームページにすることができます。

    アクションを起こしやすくする導線

    ユーザーの気持ちが高まったときにすぐにアクションができる状態にすることで、コンバージョンに繋げやすくするという点も重要と言えるでしょう。
    問合せをもらうことがホームページの目的だとすると、いかに問合せしやすくするかということを科学する必要があります。

    問合せフォームが無ければ解析もできない

    問合せフォームを設置せずに、リンクなどで別のフォームに飛ばしたりする場合、解析がしづらくなり、結果的に分析ができずに改善出来なくなります。
    デジタルマーケティングの基本は解析、分析、改善のサイクルが必要となるため、問合せフォームを埋め込むことは重要です。

    まとめ

    ここまで問合せフォームの重要性についてご紹介しました。
    問合せに繋げるホームページにするためには、問合せフォームは重要な要素となります。

  • thumbnail

    加工事例が必要な理由

    ブログ

    加工技術が優れている企業でも、なかなか新規顧客を得ることができず、自分たちの技術をまだまだ広められていないという企業は少なくないでしょう。
    ここでは、加工技術を表現するための加工事例公開が重要な理由についてご紹介していきます。

    加工事例が必要な理由

    ホームページに加工事例を載せる理由としては、どのようなものがあるのでしょうか。

    技術力をユーザーに表現できる

    まずは、自社の技術力をユーザーに表現できるということです。
    言葉で技術力があると表現しても、なかなか信ぴょう性がなく伝えることができません。

    Googleが求めるコンテンツになる

    Googleは、ユーザーが求めるコンテンツを表現することが望ましいという考えを持っており、加工事例はユーザーが知りたい情報であったり、求めるコンテンツだったりするため、Googleが求めるコンテンツとなります。

    SEO対策になる

    つまり、Googleが求めるコンテンツになるということは、検索結果で上位表示を狙いやすくなるということになり、SEO対策になるということです。

    加工事例の表現方法

    加工事例はどのような表現をすれば良いのか、見ていきましょう。

    1ページ1コンテンツ

    加工事例を表現する時は、1ページ1コンテンツを意識し、1ページの中で沢山の事例を表現するのではなく、一つ一つにフォーカスし、1ページで表現することが大切です。
    「沢山事例があるな」よりも、1つずつの事例を1ページで表現することで、ユーザーは見やすくなり、コンテンツに集中して見ることができます。

    ユーザーが求めているものを意識する

    加工事例を表現する上で大切なのは、ユーザーが求めるものが何かということです。
    それには、ターゲットの選定が必要であり、ターゲットに合わせて求められる加工事例を表現することが必要です。

    まとめ

    ここまで、加工事例をホームページに表現する重要性についてご紹介してきました。
    加工事例を表現することは、ユーザーからもGoogleからも良い評価を得ることができます。

  • thumbnail

    施工事例が必要な理由

    ブログ

    リフォーム会社や建築会社が顧客獲得のためにホームページを開設するというのは、もう当たり前のことですが、しっかりと成果に繋がっているでしょうか。
    実は、ホームページに施工事例を載せることが、成果に繋げるポイントになります。
    ここでは、施工事例の重要性についてご紹介していきます。

    施工事例、出していますか?

    ホームページに施工事例は出していますか?
    リフォーム会社などの多くのホームページで施工事例が出ておらず、もったいないホームページをよく見ます。
    自分たちが出来ることや、得意としていることは記載していても、実際の施工事例を疎かにしているホームページはなかなか成果に繋がりにくいでしょう。

    施工事例が重要な理由

    施工事例が重要な理由を見ていきましょう。

    SEO対策になる

    まずは、SEO対策になるということです。
    Googleは、検索順位を決めるアルゴリズムの中で、重要なのは「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」というものがあります。
    ユーザーは、施工事例などを見ることでイメージが付きやすくなるため、大事なコンテンツという位置づけになり、ユーザーが満足するものはGoogleも満足することになります。

    コンバージョン(問い合わせ)につなげやすい

    ユーザーが満足し、不信感や不安が無くなると、コンバージョン(問い合わせ)に繋がりやすくなります。
    つまり、施工事例を出すことで、見込み客の獲得をしやすくするということです。

    施工事例が出ていないHPは…

    施工事例が出ていないHPは、どのような仕事をしているかわからないことや、実績があるのが不安に思うユーザーもいるため、なかなかコンバージョン(問い合わせ)に繋がりにくく、成果の出るホームページの運用ができていないケースが多いでしょう。

    まとめ

    ここまで、施工事例はホームページに必要であるということをお伝えしてきました。
    出しても良い施工事例がある場合には、積極的に表現するようにしましょう。

  • thumbnail

    展示会営業を効率化したい

    ブログ

    商品やサービスを販売する際に、展示会を利用して集客する企業も少なくないでしょう。
    特にITツールや、自社開発した製品を世に出したいと思ったとき、展示会というのは大きな販路になるでしょう。
    そこで、今回は展示会営業を効率化し成果を上げるためのポイントをご紹介していきます。

    展示会営業は中長期的に考えよう

    展示会営業を行う上で、大事な考え方を先にご紹介すると、展示会営業は単発的なものではなく、中長期的な営業活動ということを認識することが必要です。
    その場で良いと思っても基本的には契約に繋がるまでに長い期間を要するため、中長期的な視点で活動をすることが重要です。

    展示会営業を成功させるコツ

    展示会営業を成功させるためのコツについて見ていきましょう。

    定期的なフォロー

    展示会営業では、展示会で集めた名刺などの顧客リストから、定期的にフォローすることが重要です。
    「興味がなさそうだから連絡しないでおこう」というのは展示会をした意味がありませんので、興味がなさそうな方にもしっかりと定期的にアプローチをすることが必要です。
    そもそも、興味がない人は展示会に来ないでしょう。

    顧客のセグメント

    セグメントとは「区分け」のことです。
    見込み客の興味の高さからランク付けするなど、セグメントして顧客にアプローチすることで、優先順位をつけて営業活動ができるため、生産性を高めることができます。

    顧客リストを集めるには

    顧客リストを効率的に集めるには、展示会において目立つことと、情報提供の質を高めることが必要です。

    パネルやブースの工夫

    展示会で足を止めてもらうためにはパネルやブースを工夫しなければなりません。
    足を止めやすくなるように、目立たせることや、ブースの形を考えることが必要です。
    足を止めてくださいと言っても顧客は素通りしてしまうので、興味を持たせる何かを置いたり、パネルに訴求効果の高いキャッチ―を考えたりするなど工夫をしましょう。

    顧客に価値ある情報提供

    顧客に価値のある情報を提供するということは、顧客が興味のあるものを提供するということです。
    例えば、SEOに対してのツールを提供している企業であれば、「SEOに欠かせない10のポイント」などの資料を配るなど、情報提供することで興味を持ってくれるでしょう。

    まとめ

    ここまで、展示会営業を成功させるポイントについてご紹介してきました。
    展示会営業において大切なのは中長期的に考えるということと、顧客リストをたくさん集めるということです。
    顧客リストを集めたあとは、質の高い顧客から優先的にアプローチするなどの工夫をすることが良いでしょう。

  • thumbnail

    自社サイトの個別のアクセス状況がわかる

    ブログ

    Webサイトからのコンバージョンを高めるため、Web担当者はさまざまな改善を行っていることでしょう。
    これまではアクセス解析や離脱率などの解析、改善が主なWeb解析の方法でしたが、現在では個別にアプローチするという手法が用いられてます。
    その手法の一つに個別アクセス状況の把握があります。
    ここでは、個別のアクセス状況が確認できるという点にフォーカスしてご紹介していきます。

    アクセス解析、できていますか?

    Webのアクセス解析をする際、Googleアナリティックスやサーチコンソールを利用して、アクセス状況の把握やキーワードの分析などで活動を止めていないでしょうか。
    今では、サイトに訪れたユーザーを個別に識別して行動を確認することができるようになっています。
    質の高いアプローチをするためには、このような個別のアクセス状況の確認が欠かせないものとなっています。

    個別のアクセス状況がわかるメリット

    個別にアクセス状況がわかるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

    ターゲットごとにアプローチできる

    個別にアクセス状況が分かることのメリットとして挙げられるのは、それぞれの個別のターゲットごとにアプローチ方法を変えられるということです。
    例えば、メールマガジンを配信しているユーザーがメールを開封し、記載されているURLからサイトに訪れた際に、そのユーザーに向けて次のアクションを取ることができます。
    メールに記載されているURLから訪れた人がどれくらい滞在し、何に興味があるかを把握することによって、ユーザーが求めるものや課題が見えてくるため、効果的なアプローチが可能になります。

    質の高いアクションができる

    何もわからずにアプローチするよりも、顧客が抱えている課題や、興味を持っているものなどが分かることで、どのようなアプローチをするべかが見えてくることと、それぞれどのようなフェーズにいる顧客かを把握することで、質の高いアプローチができます。

    ツールの利用でさらに最適化を

    質の高いアプローチをする方法として、マーケティングツールを利用することも一つの方法です。
    先ほどのサイトに訪れた方に向けて効果的なアプローチをするなら、MAツールやヒートマップツール、ユーザー行動観察ツールなどを利用することがおすすめです。

    まとめ

    ここまで、アクセス解析について、個別のアクセス状況がわかることと、それに対してどのようなアプローチをするべきかなどをご紹介してきました。
    マーケティング活動において、「面」から「点」に変わってきた現代、このような個別アプローチは欠かせないマーケティング活動となります。

  • thumbnail

    展示会でもらった名刺の活用方法

    ブログ

    どのような企業でも、名刺をもらう機会は多いでしょう。
    営業や社長も含め、名刺は一元管理しておくべきですが、なかなかそのようなことはわかっていても出来ていない企業が多いでしょう。
    名刺を活用するメリットを感じていないため、そのようなことになると思いますが、ここでは名刺を利用した活用法についてご紹介していきます。

    展示会でもらった名刺、そのままじゃありませんか?

    展示会などを開催したとき、多くの名刺をもらうことでしょう。
    しかし、その名刺は活かされているでしょうか。
    展示会が終わったあと、数週間は連絡を取っていても、その後は定期的な連絡やフォローができているでしょうか。出来ていない理由の一つに、名刺をデジタル化していないということが挙げられます。

    名刺の活用法

    名刺を活用するにはどのような方法が良いのでしょうか。

    ホームページへの誘導

    展示会などでもらった名刺を活用する方法の一つに、ホームページへの誘導があります。
    例えば、メールなどでホームページへ誘導し、そこから顧客への認知を高めたり、情報提供することで、繋がりを持ち続けたりするということができます。

    お知らせメールでナーチャリング

    お知らせメールやメールマガジンを配信することで、顧客とつながり続けたり、情報提供し続けたりすることで顧客に知識を付けさせ、自社の商品やサービスが素晴らしいものであるということを認知してもらうということができます。
    これがナーチャリングであり、ナーチャリングをする上で、名刺のメールアドレスを活用することはとても効果的なことと言えるでしょう。

    名刺をデジタル化するには

    ホームページの誘導やナーチャリングする上で必要になるのはメールアドレスです。
    このメールアドレスが名刺に記載されているものをそのまま使うだけだと、効率が悪いですし、時間が掛かるため中々続かないでしょう。
    このようなことを避けるため、名刺をデジタル化することがおすすめです。
    デジタル化するためには、LINE株式会社が提供している「myBridge」やSanSan株式会社が提供している「Eight」、ウォンテッドリー株式会社が提供している「Wantedly People」などがあります。

    まとめ

    ここまで、名刺を活用する方法についてご紹介してきました。
    名刺はデータ化していないと、活用しづらいため、活用するためにまずはデジタル化することと、会社単位で、一元管理することがおすすめです。

  • thumbnail

    マーケティングオートメーションとは

    ブログ

    デジタルマーケティングが中心となっている現代のマーケティングでは、定量化されたデータ分析から顧客の見える化などができることから、マーケティング活動の手段も日々変化しています。
    その中でも、マーケティングオートメーションという言葉は、マーケティングを担当している方なら聞いたことがある言葉の一つでしょう。
    ここでは、マーケティングオートメーションについてご紹介していきます。

    マーケティングオートメーションって何?

    マーケティングオートメーションとは、その言葉通り、マーケティング活動、つまり営業から購買、リピートされるまでの活動を自動化するというツールです。
    多くのマーケティングオートメーションツールが世の中で提供されており、MAツールと呼ばれています。

    マーケティングオートメーションでできること

    次に、マーケティングオートメーションでできることを見ていきましょう。

    リードジェネレーション

    リードジェネレーションとは、見込み客の獲得、つまりお問合せや資料請求、来店などを獲得するための活動を言い、非デジタルのリードジェネレーションでいうと、チラシの手配りなどもそれにあたります。

    リードナーチャリング

    リードナーチャリングとは、顧客の育成です。
    現代のマーケティングでは、顧客に成長してもらい、業界や分野、製品についての知識を増やすことで、顧客自らが「欲しい」と思い、行動させるために必要な「教育」が必要です。

    リードクオリフィケーション

    見込み客の中でも「今すぐ客」と「これから客」などに分類されますが、このような顧客のセグメント(区分け)を行うことをリードクオリフィケーションと言います。

    このように、マーケティングオートメーションでは、デジタルマーケティング活動に必要となるリードジェネレーションやナーチャリング、クオリフィケーションを得意としています。

    マーケティングオートメーションを利用する際のポイント

    マーケティングオートメーションを活用するためのポイントとしては、マーケティング活動全てをこのツールが行ってくれるというわけではないことを理解することです。
    人がやらなければならないことや、管理しなければならないことなどがあるため、マーケティングオートメーションに何を求め、どこをやってもらうかを明確にすることが成功のポイントです。

    まとめ

    ここまで、マーケティングオートメーションについてご紹介してきました。
    リードジェネレーション・ナーチャリング・クオリフィケーションなどは、デジタルマーケティングにおいて重要な活動であり、それらを補佐する役目としてMAツールを利用されると良いでしょう。